今週の一筆
【画像】
【画像】

01月22日の放送

「政治とカネ」の問題がない政党にチェンジしたはずなのに!

ジャーナリスト・嶌信彦 氏、与良正男 毎日新聞論説委員

対談を終えて

 フロントライン、今年第1弾は恒例の「今年の政治と経済を占う」。いつものようにジャ−ナリストの嶌信彦さんと毎日新聞論説委員の与良正男さんに話をうかがった。

 国会は始まったものの、案の定、鳩山首相の故人献金問題と小沢幹事長の資金管理団体による土地購入問題に終始。「いい加減に『政治とカネ』の問題に終止符をうって、補正予算等、民主党が目指した政策論争に戻ってくれ」というのがお二人の一致した意見。一方、国民に対する説明責任は果たすべきだし、「政治とカネ」の問題とは今回できっぱりと決別して欲しい、というのも共通認識。

 それよりも経済が心配、とのこと。22日は、おりしもダウ200ドル下落に連動して日経平均も一時300円以上下落。EU景気も回復していないし、日本の新成長戦略も具体策がないから効果はないだろうし、上昇要因はないという。「でも、日本の潜在力はすごいものがあるんですよ。観光だって戦略をたてて政府一丸となれば十分観光立国ができるし、医療や介護関係だって、その職場が給与がアップして皆が尊敬できるようなポジションを作ってあげればあっという間に雇用問題は解決する」と嶌さん。

 与良さんは「それにしても大戦略をたてるべき国家戦略室を機能させてこなかったのが失敗。その場その場で判断するからぶれたり、つじつまが合わなくなってくる。そこをチェンジしなければ」

 豊富な情報を持ち分析力も確かなお二人の話をもっともっと聞いていたい30分だった。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:1月22日(金)23:00/1月23日(土)9:30/1月24日(日)0:30