今週の一筆
【画像】
【画像】

10月02日の放送

政権交代の本質は「予算の組み替え」それを担当できて本望!

民主党 野田佳彦 財務副大臣

対談を終えて

  財務副大臣就任後初めてTVに出演してくださった野田佳彦さん、「政権交代の本質は予算の組み替えにあるので、それを担当できて本望」と喜ぶ。ただ、鳩山内閣発足後まだ半月とあって、走りながら考え、実行する毎日だとか。ただ気をつけているのは政権与党の一員としての発言の重み。藤井財務大臣の円高容認ともとれる発言、亀井金融担当大臣の「中小企業の返済猶予制度創設」等々での影響をみて、実感としてわかってきたと言う。

  10月2日までに補正予算の見直しをしなくてはならないし、10月15日までには麻生内閣で決定した概算要求を廃止して新たな要求を各大臣が出さねばならない。藤井財務大臣曰く「要求大臣ではなく査定大臣になれ!」だが、「本当に年末までに予算編成できるんですか?だいたい例年より2ヶ月も遅れたことになりますよね」と聞いたら「何が何でもやるんです。できなければ政権交代は何だったのか、ということになります」。野田さんが以前から追求していた特別会計の廃止はこの予算がきちんとあがってから取り組むことになりそうだ、とも。

  「国家戦略本部」「行政刷新会議」「基本政策閣僚委」「政府与党首脳会議」等々、予算編成に絡んでいろいろなセクションが関わっているのだが「どう機能しているのか、大丈夫なのかさっぱりわからない」と聞いたら、「これもまだ半月ですから見えないのが当たり前。でもそれでもやらなきゃいけないのでやりますよ。とにかくこれまではホップ・ステップ・ジャンプで骨折!と言われたように最後で失敗したが、今回は政権維持が第一。そのためには予算を作り上げて、その後の参院選に勝利することでジャンプに成功しますよ」

  相変わらずの格闘技ファンで昨夜もボクシング見物を楽しんだとか。曰く「勝負事が大好きなんでしょうね」。政権交代という大勝負に活躍してほしいものだ。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:10月2日(金)23:00/10月3日(土)9:30/10月4日(日)0:30