今週の一筆
【画像】
【画像】

09月25日の放送

政権交代で何が変わる 二人の識者に聞く

曽根泰教 慶応大学大学院教授、与良正男 毎日新聞論説委員

対談を終えて

  鳩山内閣が発足して1週間あまり。次官会議廃止、各省の政策は政務3役で議論・決定、八ッ場ダム工事中止、アニメの殿堂建設中止等々、次々にマニフェストに沿った決定がなされている。温室効果ガス25%を言明した国連演説も世界から拍手を浴びたが、その一方でこの問題に限らず八ッ場ダム・高速道路無料化等、反対意見が強いものも多い。その中で民主党は今後の政治をどうしていこうとしているのか、またそれによって何が変わるのか、今回は曽根泰教慶応大学大学院教授、与良正男毎日新聞論説委員のお二方に話を聞いた。

  「今回の総選挙の画期的なところは、有権者が党で選んだ、マニフェストの中身で選んだ、ということ」と指摘する曽根教授。党・組閣人事については小沢幹事長を評価しつつも「国会人事まで党が握ってしまうのは問題。政策決定一元化、といっても、国家戦略室・行政刷新会議の形態や党との関連がよくわからないし」とここは不安が残ると言う。

  「小沢さんとの二重権力というが、その考え方は古い。今の時代、幹事長職は『おもて』。3党連立も配慮しすぎとも思うが、逆に言えば、こういうチェックが入るのもいいこと。普天間基地移設、米軍再編は日米問題ではなく国内問題。移転費用の問題など双方が納得できる説明ができるかどうかだ。でも有権者が財源問題まで議論して選んだなんて、変わったな」と言うのは与良さん。

  最後にお二方に今後の民主党へのアドバイスを聞いたら、曽根教授は「全部やろうと思わないこと。優先順位をつけ、その説明をきちんとして、ひとつひとつ確実にこなしていけばいい」。与良さんは「世界で価値観が変わっているときに、日本がどう変化するのか、世界中が久しぶりに興味を持って見ている。アメリカだって見守っている。日本の国民もしばらくの間、辛抱強く見守っってあげたら」と締めくくってくれた。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:9月25日(金)23:00/9月26日(土)9:30/9月27日(日)0:30