今週の一筆
【画像】
【画像】

05月22日の放送

北方領土返還 7月サミットでの方向付けを期待

新党大地 鈴木宗男 衆議院議員

対談を終えて

  今日のゲストは、このほど「汚名」という本を出版なさった「新党大地」代表の鈴木宗男さん。「この国では誰でも明日は監獄の中だ!」という刺激的な惹句が帯に踊っているが、「小沢さん、辞めるな」と言い続けたのも、検察に対抗してきた鈴木さんならではのこと。だから、辞任と決まったときはがっかりしたものの、鳩山新代表も選挙区が同じ北海道とあって「小沢院政なんてない。鳩山さんはしっかりしているし、小沢さんは選挙に専念するから大丈夫」と言い切る。

  今回のメイン・テーマは、この「汚名」の中にもこれまでの経過が詳しく述べられている鈴木さんのライフワーク、北方領土問題。橋本・小渕・森政権下でやっと動き始めた交渉が(鈴木さんは特使として動いた)、小泉首相・田中真紀子外相のおかげで戦後すぐの「即時4島返還」に戻ってしまったと憤る。しかし、小沢代表辞任問題の陰に隠れてしまったプーチン首相訪日で、プーチン首相−森元総理の親密な関係や、麻生首相の意欲もあり、7月のサミットでの何らかの進展が見えてきたと言う。「『即時4島返還』と言い続けても戦後60年以上経っても北方領土は返ってきていない。『4島は日本に帰属する』という前提を踏まえて、返還は現実的に進めていくべきだ」と鈴木さん。

  最後に総選挙をどう闘うか聞いたが「地域政党として、あえて<地域エゴ>を主張していく。もう一人当選を目指して今、八代英太元参院議員を口説いているところだ。そして目指すは政権交代、そしてその後の政界再編だ!」

  趣味は体調管理で始めたマラソン。東京マラソンに3回連続出場。もちろん完走で毎回記録を縮めているという(今回は3時間49分)。苦しくなると「選挙よりラク!」と言い聞かせて走っているそうだ。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:5月22日(金)23:00/5月23日(土)9:30/5月24日(日)0:30