今週の一筆
【画像】
【画像】

02月27日の放送

経済も外交もヒュ−マン・ニュ−デイ−ルでチェンジ!

社民党 辻元清美 衆議院議員

対談を終えて

  今回は、久々の辻元節の30分。まずは日米首脳会談について、「大阪人やさかい、見返りを期待しているんは、当たり前と思うよね!」とズバリ。「外交は気弱なときにやったら、絶対あかん!」。そもそも「日米同盟」なんて軍事的な用語が当たり前に使われるようになったのが気持ち悪いと指摘。「日米関係」でいいじゃないかと慨嘆する。でも米国一辺倒はもちろん反対。「たとえば中国・韓国・モンゴル、場合によっては北朝鮮まで含めて国際救助隊を作って、東アジアの安定を図るなんてアイデアを本気で考えてみたらいい。世界一の軍備大国・アメリカでも9.11を防げない世界になっているんだから、オバマ政権発足がいいチャンス」とも。

  政権交代が目の前、といわれているが、民主党との対応もなかなか大変そう。今回も、まだ参議院で補正予算の審議も終わっていないのに、本予算の衆議院採決や参議院での審議開始を民主党が自民党と話しあって決めてしまったのはスジが通らないと憤る。ただ一方では、自社さ政権の経験から、もし連立を組むのだったら、その政権で一緒に出来ることとできないことを前もってはっきり決めておくべきだとのこと。

  一度議員辞職をしてブランクがあるだけに、毎週末、地元に帰って選挙運動に汗をかく日々だが、「でも趣味は選挙、と言いたいぐらいですよ。永田町やメデイアでは絶対に出て来ん地元の人の声を聞けるんやさかい。ドブ板をやらない人は政治家じゃない、と思うくらい」とどこまでも元気な辻元さんだった。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:2月27日(金)23:00/2月28日(土)9:30/3月1日(日)0:30