今週の一筆
【画像】
【画像】

02月06日の放送

20年前の政治に戻すな!

自民党 鈴木馨祐 衆議院議員

対談を終えて

  思いもかけず、前回の郵政解散で財務省から政界に転身した自民党の鈴木馨祐さん、今は引退する鈴木恒夫元文科相の後継として暇ができると地元と国会を往復する日々。とはいえ、若手の論客として様々なテーマに精力的に取り組んできた。

  その一つが『道路特定財源の一般財源化を抜本的に進める会』。「やれ道路族対若手とか、民主の追求など政局にからめてばかり報道するけれども、道路特定財源の一般財源化は我々の意見を取り入れてその通りになったし、あとは3年後の税制の抜本的改正の時に特定財源そのものをどうするか、きちんと議論する」と意気軒昂。一方「政府の無駄遣い撲滅PT」の一員として古巣・財務省の棚卸しでも厳しくムダを追及、「大きなスケ−ルになる特会にメスを入れなければ」と指摘。

  「自民党から出たのは、自民党の体質を変えてきちんとした政治を行いたいから」という鈴木さん。小泉改革批判、経済財政諮問会議廃止まで言及した尾辻参院議員会長の代表質問がもてはやされている風潮にも憤る。「たしかに小泉改革にはマイナスもあるし、是正しなければならない点もあるけれども、だからといって構造改革の必要性を否定してはダメ。少子高齢化の社会、それを支えるグローバル化の中での経済、田中派政治のような20年前に戻してはならない」と力説する。

  今は忙しすぎてスポーツジムに行くのもままならない毎日だが、大学時代はボート部。エイトのクルーで埼玉県戸田の荒川で合宿生活を4年間送ったとか。「でもスタートの春は調子がいいんですが、その後が続かなくて・・・大会入賞なんて機会はとうとうありませんでしたよ」と笑った。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:2月6日(金)23:00/2月7日(土)9:30/2月8日(日)0:30