今週の一筆
【画像】
【画像】

12月05日の放送

道路はやっぱり必要!

自民党 山本有二 衆議院議員

対談を終えて

  福田総理が会見で言い切った「道路特別財源の一般財源化」。これが今、経済不況の中、「内需拡大を!道路は必要!」の大合唱。麻生総理の発言の迷走もあって、クロ−ズアップされている。そこで自民党道路調査会長の山本有二さんをお招きしたのだが、さすが筋金入り、水曜日に出された党の「道路特定財源一般財源化PT」の谷垣座長私案について力を込めて解説してくれた。一方、道路調査会は目下「計画がずさんだ。はじめに事業費ありきで必要でない道路まで造っている。需要予測が間違っている」と非難が集中していた道路計画の見直しをしているが、「コスト削減、地域中心の計画立案、つなげることに意義あり」という心構えで議論をしているとのこと。

  「それにしても、麻生総理の『1兆円を地方に』と言う発言から、この問題が迷走してきた」と山本さん。そして「交付税」なのか「交付金」なのか、という問題。「『交付税』は地財計画に則って出すものだから、1兆円をこの中から出すのは筋違い。だから今回の『地域活力基盤創造』のための『交付金』の形になるのは当然。だからこの谷垣私案はとても良くできている」と評価する。

  さらに「説明無き政策転換」と一斉に批判された09年度予算の基本方針の書きぶりも、「経済の現状をみるとあの文言は良くできている」とこれも高い評価。「ただ麻生首相は説明が下手。開き直って麻生カラ−を出して、その上で丁寧に話さなきゃ。じゃなきゃ支持率は上がらない」

  山本さんが楽しみにしているのは、暮れに行く予定の谷中の全生庵での座禅初体験。先代住職が高知出身というご縁で誘われたという。選挙があるのか無いのか、予測記事には▲を付けられることもしばしばで、「大げさに言えば、浮き世のことに翻弄されて、身も心もずたずた。何時死んでもいいように修行を思い立ったんですよ。悩める政治家を何人か連れて行こうかな」と笑った。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:12月5日(金)23:00/12月6日(土)9:30/12月7日(日)0:30