今週の一筆
【画像】
【画像】

04月25日の放送

道路財源問題、高齢者医療制度・・・−最年少の国対委員長 目下奮闘中!

国民新党 糸川正晃 国会対策委員長

対談を終えて

  国民新党の国対委員長として忙しい毎日を送る糸川さん、小さな政党の代表、しかも最年少とあって気を遣う毎日のようだが、国会質問「1国会86回」というレコードホルダーとあって元気いっぱい。

  道路財源問題については党が早々と「道路は作れ、特定財源維持、税率維持」とぶちあげてしまったので、国会議論を通じてあきらかになった様々の問題にどう整理をつけるか頭をひねる日々だが、1年間凍結して、その間の財源は剰余金で穴埋めし、与野党でしっかり協議をし、国民に判りやすい制度にすべきという。そして、福田総理の「一般財源化」発言で、消費税増税が当たり前、という前提で与野党協議までなされている、と憤る。

  ねじれ国会は本来は協議の場が増えたし、それで国民の目に見える事が多くなったという点でよかったと思うが、その反面、政治はキャッチボール、与野党同士、国民と政治家、それぞれがしっかり投げ、受け止めて結果を出さなくてはいけないのに、今はお互い投げるだけでちっとも受け止めようとしない、と嘆く。

  趣味はゴルフ。記者さんや各局のアナウンサー達と夜中の12時過ぎに葛西の練習場に行って打ちっ放しを楽しむとか。ハンディは12〜13.85くらいでまわるそうだ。学生時代は外野手で足が速いのが自慢。「100メートルを11秒2で走ったんですよ」と笑った。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:4月25日(金)23:00/4月26日(土)9:30/4月27日(日)0:30