今週の一筆
【画像】
【画像】

02月08日の放送

【フロントライン300回記念】 武村元さきがけ代表の苦言・直言−政治改革・小沢論・ガソリン税は環境に−     

武村正義 元・衆議院議員

対談を終えて

  この「国会トーク・フロントライン」も2000年9月にスタートしてはや8年、300回。そこで今回は「どこへ行く日本」と題して、政治改革の旗振り役だった細川内閣の官房長官、村山内閣の大蔵大臣を歴任した武村正義氏にご登場願った。

  「新党さきがけ」結党から15年、小選挙区制での選挙もすでに4回、「政治改革はできましたか」という問いには、「今振り返ってみれば、明治維新の時に先駆者の吉田松陰、坂本龍馬、西郷隆盛、果ては大久保利通まで倒れて、20年たってやっと安定政府ができた時と同じく、私たち『さきがけ』は文字通りさきがけで終わった。この政治改革もそれだけの年月が必要なんだとつくづく思う」との答え。

  行動を共にした小沢さんについては? 「リーダーは国民に辛いことでも、言わなければならない時にはきちんと言うべき。それなのに年金財源の消費税化も引っ込めるし、農業所得補償法・子供手当等の財源、直轄道路の地方負担金廃止の財源はどうする?それを言わないと」と、元蔵相らしい批判を述べる。

  「ねじれ国会は55年体制が終わった以上、当たり前。与野党とも棒を飲んだような対決ではなく、2度でも3度でも表で議論して修正していけばいい」と。「ではガソリン税はどうする?」と聞いたら「10円分環境にまわせば1兆円になる。それを全部世界各国の植林に回せばいいのに」と、これも知事時代から琵琶湖の環境汚染防止に力を注ぎ、今も世界で植林を続けている武村さんらしい答え。

  目下の趣味はフラメンコ鑑賞。来月もまたスペインに行って、10日間、毎日楽しむ計画をたてているとか。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:2月8日(金)21:00/2月9日(土)9:30/2月10日(日)0:30