今週の一筆
【画像】
【画像】

02月16日の放送

自民党こそ働く人のための党!

自民党 後藤田正純 衆議院議員

対談を終えて

  貸金業金利引き上げに猛反対して半年前に内閣府大臣政務官を辞職した後藤田さん、「消費者の側にたつのが政治だ」と断言する。その延長が党厚生労働専任部会長として根回しした今回の「ホワイトカラー・エグゼンプション」提出見送り。「『労働ビッグバン』という言葉は違う。『自由な働き方』なんて経済界の論理でしかない」と昨年、党に「雇用・生活調査会」を発足させNOの結論に導いた。

  「年長フリーター等対策のための年齢制限の廃止や、最低賃金引き上げなど自民党はどんどん労働関係法案を出し続けている」と熱く語る後藤田さん、「民主党的になりましたね」と水を向けると「最低賃金一律1000円の民主党案は逆に中小企業に非正規雇用者や外国人労働者を増やす結果にもなり、机上の空論だ」と反論、実際、連合・労組や現場相手の議論を進めており「自民党が労政をここまでやるのは初めて」と胸を張る。

  その一方で柳沢厚労相の失言問題はこれらの法案審議に大きなマイナスなので、今でもお辞めいただきたいと思っているとのこと。そして参院選に勝つ秘訣は、国会終了後、内閣改造するしかない、と言い切る。

  目下の楽しみは暇を見つけては行く囲碁。アマチュア2段だそうだが、碁会所は小沢民主党代表と同じ。ただ手合わせをしたことはまだないそうだ。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:2月16日(金)20:30/2月17日(土)9:30/2月18日(日)0:30