今週の一筆
【画像】
【画像】

12月15日の放送

教育基本法成立は教育再生のスタート

自民党 河村建夫 政調会長代理

対談を終えて

  衆院文部委員長、文部政務次官、文科相などを歴任、教育問題一筋の河村さん、臨時国会は悲願だった教育基本法成立に全力をかたむけるつもりが、政調会長代理就任で同じ派閥の中川政調会長を支え、あらゆる政策問題の対応に追われる日々だとか。

  教育基本法審議の最中のタウンミーテイングでのやらせ・丸投げ、イジメによる自殺、未履修問題、道路特定財源の一般財源化問題、社保庁改革、予算編成も大詰めとあって地方や各界からの陳情対応等、八面六臂の活躍で記者達が常に取り囲んでいる。

  「教育基本法がまもなく通る見込みで本当に嬉しいが、これはあくまでもスタートであって、今後様々な法案を作っていかなければ、血の通ったものにならない」と言う河村さん。官邸の教育再生会議にも「消費税を教育のために使えないか等、文科省ではできない議論をやって欲しい」と注文をつける。

  河村さんの目下の息抜きは元文科省の映画評論家・寺脇研さんを囲んでの「映画を観て語る会」で日本や韓国の映画を鑑賞後みんなでわいわい語り合うこと(私も会員だが)。

  鳩山由紀夫さんと共に代表世話人をつとめ、今年最後に選んだ映画は今話題の「武士の一分」。今回飛び入り参加の加藤紘一さんの地元とあって話が大いに盛り上がったが、河村さんの総括は「映画も素晴らしいが、主人公の壇れいさんがいい!!」であった。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「NEWS BIRD」で放送しています。
再放送:12月15日(金)20:30/12月16日(土)9:30/12月17日(日)0:30