今週の一筆
【画像】

01月22日の放送

バイデン政権に何を期待する? 日本らしい外交は?

自民党 辻清人 外交部会長代理

対談を終えて

 今回のゲストは、自民党外交部会長代理・元外務大臣政務官の辻清人衆議院議員。まずは自民党外交部会が強力に推進し実現させた水際対策の強化について。

 「去年、一度は外国人の往来を止めたんですが、11か国・地域に対するビジネストラックやレジデンストラックはその後緩和されました。でもこの感染爆発を見ると一刻も早く止めなければ、と去年暮れから再々申し入れてようやくストップされることになりました。ただ、まだ“水漏れ”状態。だから実効性を担保するために検査後の追跡を保健所に任せるのではなく、国が責任をもってやるフォローアップセンターも作ることになりました。また緊急事態宣言と同じく2月7日でこれをやめていいのかどうか、中国はこの頃から春節に入りますからこれもしっかり考えてくれと言っています」

 辻さんは幼少時代から海外生活で、米・コロンビア大学大学院や5年間の米シンクタンクのCSIS(戦略国際問題研究所)研究員の経験もある国際派。そこで今回は就任式を終えたばかりのバイデン新大統領、政権の今後や日米関係について聞いた。

 「米議会議事堂占拠には私自身もショックでしたが、アメリカ国民はなおさらだろうと思います。約200年前、米国と英国が戦争していた時の英軍による焼き討ち以来、しかも今回は自国民によるものでしたから。この分断の修復・アメリカが一枚岩であることを示すのがバイデン政権の大きな課題です」

 閣僚が発表されたが、注目は? 「まずカマラ・ハリス副大統領。初の女性・有色人種・アジア系の副大統領というのみならず、バイデンさんに万一のことがあったら後を引き受けなければならない。さらに今、上院は民主党・共和党が50対50。同数の場合、最終判断は上院議長を務める副大統領が決定するとなっている。だから議会対策でも重大な役割を担っている」

 そういえば、この内閣、女性が半数、有色人種も多く多様性の象徴でもあるが? 「表面的に見ればそうですが、実はキャリアのあるベテランばかり。イエレン財務長官も元FRB議長で金融の専門家。ブリンケン国務長官もオバマ政権の時の副長官。表面は派手だけど質実剛健な布陣です」

 カート・キャンベル元国務次官補の起用は? 「キャンベル氏はCSISの研究員で、私もお祝いのメールを差し上げましたが、知日派で、ジョセフ・ナイ氏らと普天間・沖縄を含む日米関係を地域の安全保障に引き上げようと提案した方。その方が特設されたインド・太平洋調整官に起用されたわけですから、大いに活躍してほしいものです」

 中国との関係どうなる? 環境問題等でトランプさんより融和的になるのでは、と言う人もいるが? 「いえ、ブリンケン国務長官もトランプ政権の中国に対する政策は正しかった、と述べていますし、それがアメリカの普通の普遍的な認識です。経済問題でも中国は今や協力者ではなくて競争者になってますので、融和とはいかないでしょう」

 アメリカは日米間の協力を強化して中国に対応しようとしていますが、日韓関係は悪くなる一方で、新たに慰安婦問題で日本政府に賠償を命ずる判決まで出ましたが?「3つの点で韓国は法律違反をしています。(1)1965年の『日韓基本条約』違反、(2)2015年の尹(ユン)外相−岸田外相の慰安婦問題『日韓合意』、(3)国際法の『主権免除』の原則に違反。主権免除が無ければ各国の間で乱訴騒動になります。だから日本はこの裁判を認めていませんから控訴しません。来週23日には判決が出るでしょうが、我々はこの問題で一切妥協も棚上げはしないようにと外交部会として茂木外務大臣に申し入れをしましたし、事務方とも実際的な話をしています」

 「和を大切に」という日本らしい外交を始める年にしたいという辻さん、時間があったらやりたいことは? と伺ったら「子どもといっしょに過ごしたい!」。育メンですね!と言ったら「いやその言葉、死語にしたいですね。我が家は妻がNHKのアナウンサーですから、はじめから完全な分業体制です。でも国会議員はそういう人少ないから共働きの意味を分かっていない人多い。男女共同参画、外交だって女性の方が調整力あって向いていると思っています!」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:1月22日(金)23:00/1月23日(土)9:30/1月24日(日)0:30