今週の一筆
【画像】

12月06日の放送

消費税、10年上げなかったら社会保障費をそうとう削らなければならなくなる!

自民党 宮沢洋一 税制調査会小委員長

対談を終えて

 今回のゲストは、自民党税制調査会小委員長の宮沢洋一さん。来年度の税制を議論している真っ最中なので、まずは税調について聞いた。

 「政府税調というのもありますが、これは中長期的な課題を議論するところで、党税調は個別の税制を議論しています」

 議論の進め方は? 「春から各役所や党が税制改正の要求をまとめます。8月頃、各役所が予算と同様に、国税関係は財務省主計局で地方税は総務省税務局に要望を提出します。10月末に自民の各部会が、例えば経産省関連だったら経産部会がその中から重点要望を選びます。その後、税調に来るんですね。今年は11月20日からスタートしました。それから我々税調がヒアリングして重点項目を決め、『○』『×』『△』をつけていきます。『○』はほとんどなく、『△』を中心に議論します」

 「○政」というのがありますが、これは政治マターということ? 「いや、議員も勘違いする人もいますが、政治ではなく、政策です。その年の主要な改正点について政策的に議論しようというものです。全部決定したらまとめて税制大綱を作り、来週12日に出す予定です」

 今年は経済成長に関するものが多いようだが? 「例えばオープン・イノベーション促進。日本はとかく殻に閉じこもりがちなので、中小企業・大学とか研究機関等ともっと連携して研究開発ができやすいように、ということです」。企業の内部留保を吐き出させる? 「それは確かにありますね」

 5G税制は皆さん賛成? 「いやローカル・地域や企業内の5G促進はわかりますが、莫大な利益を上げている大手のキャリアまで支援する必要があるかどうか議論していかねば」

 未婚の一人親の税負担軽減・寡婦控除問題は? 「公明党が強く主張、一方、自民党の、特にベテランから『未婚の母』の扱いで家族観の違いから反対が出ていて、今、議論の真っ最中。結論は出さなくてはいけませんが」

 経済対策26兆円が閣議決定され、補正予算も10兆円と言われているが? 「10.兆円とはまだ決まっていません。来年の本予算と併せて15か月予算という考え方の中での話です。本予算だと制約があってできないことを補正で、というのがここのところの流れでもありますし。米中問題で経済の不透明感が日本の経済にも影響を与えている。その対処をするための経済対策でもあり、15か月予算でもあります。ま、中身についてはこれからいろいろ精査する必要があるでしょうが」

 消費税増税は? 「軽減税率を導入したときの私は税調会長でしたから、10月1日は混乱が起きるかどうか心配でしたが、案外少なくてほっとしました。でも納税義務は売る側の方なので、これからどうなるか心配です」

 安倍首相は今後10年は上げる必要がない、と言い、IMFは2030年までに15%に引き上げが必要と言っているが? 「この後、一番気になるのが医療・介護。その中で、財源問題は避けて通れない。10年上げなかったら、社会保障費をそうとう削らなければならなくなる。削るとなると今の水準を落とすことになる。国民がそれをうけいれるかどうか、ということです」

 来年はどんな年に? 「オリンピックでメダルをいくつとれるか気になりますが! とにかく世界経済に日本が翻弄されないような年になってほしいです」

 趣味は? と聞いたら、即「ゴルフと料理!」。料理ですか? 「そう。よそで食べて美味しかったおつまみを女房とそれぞれ作って、一緒に酒を飲むんです。最近のヒットは『牛すじの紅葉おろしポン酢和え』。一度油落としをしてから、おでん風味の味付けにするんですよ!」とにっこり。

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:12月6日(金)23:00/12月7日(土)9:30/12月8日(日)0:30