今週の一筆
【画像】

04月03日の放送

コロナ感染症が広がる中で

自民党 岸田文雄 政務調査会長

対談を終えて

 収録前に岸田政調会長はしばらく考え込み、その後で「分断から協調へ」としたためました。「去年から政策を検討して、『分断から協調』へということを考えている」とのことでした。

 そして「経済政策では配分を中間層へとか、大企業、中企業、小企業とか、地方と大都市とか、真ん中、さまざま真ん中の分配が進まない。国自体で格差で国民の気持ちの一体感が失われる流れに歯止めをかけようということ」とし、「世界でも一国主義とか、ポピュリズムとかが課題になっている。自国第一主義の殺伐した雰囲気は地球規模であり、感染症とかも協調して訴えるべき」と語りました。そのうえで、「国内政治も国際政治も『分断から協調』が大事だ」と力を込めていました。

 番組では、コロナウイルス感染拡大による「五輪延期」、そして対策としての「現金給付」、「マスク2枚の支給」、「緊急事態宣言」「解散総選挙の時期」など幅広く語っています。

 是非ごらんください。(4月3日午前 収録)

【画像】

石塚 博久(いしづか ひろひさ)

東京都足立区生まれ


 1986年、日本経済新聞社入社。大阪本社証券部、名古屋支社(愛知県警、名古屋市役所担当)を経て、90年から東京本社政治部。官邸クラブ(海部政権)、野党クラブ(社会党土井委員長、田辺委員長)、平河クラブ(自民党竹下派担当、92年竹下派分裂など)等を担当。

  1996年TBS入社。政治部で新進党クラブ、平河クラブ(自民党橋本派担当)、外務省(田中真紀子外務大臣)等を担当。その後「筑紫哲也NEWS23」ディレクター、デスクを経て、「時事放談」を制作プロデューサーとして立ち上げ。現在、TBS報道局政治担当解説委員。

著作:「官僚」(共著)新聞協会賞受賞

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:4月3日(金)23:00/4月4日(土)9:30/4月5日(日)0:30