今週の一筆
【画像】

10月23日の放送

デジタル社会実現のためにはまず、グランドデザインを作ってから!

自民党 山田太郎 参議院議員

対談を終えて

 今回のゲストは、自民党参議院議員の山田太郎さん。去年の参院選でネットを駆使する「ネットどぶ板」で、全体の3番目の得票数で当選し、一躍話題になった。菅政権が誕生して、デジタル庁・デジタル化が取り上げられ、今や、この世界のエキスパートとして引っ張りだこ、党内にできた「デジタル社会推進本部」でもデジタル施策調査小委員長に起用されている。

 「デジタル化を進めるにはまず、どんな山に登るか、そこを設定しなければ」。どういうこと? 「今の社会はITなどの情報通信技術を使って、生活を便利にし、効率化を目指している。しかし次の社会は、蓄積されたデータを駆使して、少子高齢化、地域格差、貧富の差などいろんな課題を解決していくものなんです。どんな社会を目指すのか、まずグランドデザインをしっかり描かなければ。私はそれを“山”と言っているんですが、どんな山を目指すのかをまず決める。その上で初めてピッケル等、どんな道具が必要なのか、さらにはどんなルートを取るのか、崖崩れなどのリスクも考えなければなりませんからね。一番大事なのは、あの山に登ればどんなにわくわくするかを伝えて、みんなで一緒に登る、ということです。デジタル化というのはこれを全部考えて実現させるわけですから大変です」

 「ハンコをなくすとかマイナンバーカードとか、タブレット配布とかは確かにプロセスとしてやらなきゃいけない。ただそれはどんな登山用具を使うか、という段階。マイナンバーカードは将来的には顔認証にとって変わられたら、いらなくなる。たとえば医療。オンライン診療が話題になっていますが、これは単に患者と医者が対面か非対面かの差でしかない。ウェアラブルが一般的になれば医療データが毎日、医師の所に送られ、それが蓄積されれば、身体が異常な状態になったらアラームが送られてくる。薬だって送られてくるようになるかもしれない。地域によって糖尿病が多いと分かったら、その地域に対応した治療や予防ができる。介護サービスだってそう。教育だって、先生は内容を教える人ではなく、指導者になる。内容は歴史でも地理でもタブレットに送られてくるから、先生は一人一人の子どもをみて、この子は歴史が好きなんだなあ、と思ったらその内容を充実させてやることもできる。要は電子でもって政府が住民サービスを徹底的に行うんです」

 今政府がやっているのは、登山道具をそろえること? 「もちろんそれは必要。ただ困るのはやはり縦割り。各省庁から来ている人は自分の関心のあるところしか見ない。だから、まず山をしっかりとらえて指令するデジタル庁を一刻も早く作ることが必要なんです」

 しかし、個人情報保護の問題やデジタルデバイド・使えない人が出てきたり、バラ色だけではないのでは? 「そう。教育問題では著作権の問題も。教科書はクリアしているが、サークル活動で使うものについては?等、いろいろ問題が出てくる。マイナンバーカードについては誤解がある。カードそのものの中に情報が入っているわけではなく、それぞれ別にある情報保管場所のセキュリテイは当然しっかりしている。銀行のキャシュカードと同じく暗証番号をきちんとしておけば良いのだし、将来的には顔認証になってマイナンバーカードも必要なくなる。確かに、今は使えない人は置いていかれるかもしれない。でも免許証を考えてください。たとえなくても他の人の車に同乗したり、公共交通機関を充実させたりして、お互いに助け合って差を克服している。ただし、これも段階があるので途中には確かにそういう例が出てくるとは思うが。だからきちんと慎重に精査した上で結論は出さなければならないが、決定したら一瀉千里にスピード感を持ってやらなければ。誰もが山に登れる状態にしなければいけません」

 月に一冊本を出していて、これがもう趣味になったという山田さんだが、「あとは外国にまた行きたいですね。日本はもう47都道府県全部踏破しましたけど、海外はまだ30数か国です」

【画像】

川戸 惠子 (かわど けいこ)

兵庫県姫路市生まれ。
東京都立日比谷高校卒業、お茶の水女子大学国語国文科卒業。


 アナウンサーとして東京放送(TBS)入社「お昼のニュース・スタジオ」(ラジオ)「ニュース・デスク」(テレビ)のニュースキャスター等を 務める。
 報道局政経部記者に異動後、自治・建設・国土・郵政省等を担当するかたわら、選挙本部で選挙番組を担当。
 その後、報道局政治部部長や解説委員等を経て、現在はTBSテレビ・シニアコメンテーターとして「国会トーク・フロントライン」(CS放送「TBS NEWS」)のプロデューサー兼司会、選挙番組を担当。

この番組はCS放送「TBS NEWS」で放送しています。
再放送:10月23日(金)23:00/10月24日(土)9:30/10月25日(日)0:30