すぐ出来る!“やって楽しい”防災の知恵

2019年12月24日
防災イベントに行ってみよう
~10月26日、27日 豊洲防災EXPO~
様々なところで開かれている防災イベント
無料で参加できる場所が多く、気軽に参加できます
防災イベント

地方自治体や企業などが地域向けに開催する防災イベント。専門家が招かれ、最新の防災情報を聞くことができたり、子どもでも参加できる展示を家族で楽しむことができたりします。

今回は10月にららぽーと豊洲で行われた「豊洲防災EXPO」をご紹介します。

豊洲防災EXPOとは

楽しみながら防災の知識や技を学べる「豊洲防災EXPO」。2008年から毎年、三井ショッピングパークアーバンドック ららぽーと豊洲にて開催している人気の高い防災イベント。

豊洲防災EXPO ○○のひみつ展

2019年の豊洲防災EXPOでは3つのプログラムがあり、その中の一つが「○○のひみつ展」、今回はその中で「ラップのひみつ」を紹介します。

市販されているラップは大きく分けて3種類ある。それぞれ特徴があり、用途が違ってくる。

ポリ塩化ビニリデン
【特徴】
においや空気を通さない
【使われ方】
肉や魚など腐りやすいものの保存
【防災の技】
体に巻いて、冷たい空気から体を守る

ポリエチレン
【特徴】
空気を通しやすい・安価
【使われ方】
野菜や果物など適度な空気が必要なものの保存
【防災の技】
お皿にしいて水の節約

ポリ塩化ビニル
【特徴】
よく伸びて、やぶけにくい・くっつきやすい
【使われ方】
出前のラーメンなどのフタがわり
【防災の技】
けがをした時の応急手当

そのほかのプログラム
ダンボールの街

避難所などでイザという時に役立つ、ダンボールスリッパなどの作り方を図工形式で体験できる

BO-SAI実験室

ひみつ展の展示内容を実際に防災グッズを使って体験できる


開催された2日間は家族連れで大盛況
子どもたちと楽しんで防災に興味を持つことができる内容でした

プラス・アドバイス!
  • 地域の防災イベントで人を知る

    自分の住んでいる地域で開かれる防災イベントに参加することで同じ場所に住んでいる人たちとの繋がりを持つことができる。

  • 訓練やセミナーよりも気軽に参加できる

    避難訓練やセミナーと聞くとついつい身構えてしまう人も多いはず。気軽に参加できる防災イベントを家族と参加することで日頃の備えにつながる。


過去の記事