すぐ出来る!“やって楽しい”防災の知恵

2019年6月17日 [ 監修:あんどうりす ]
“アウトドアから学ぶ防災・減災”
~災害時にも役立つレインウエア~
毎日の暮らしやアウトドアでの遊びを通して、防災に役立つ経験や知識を身に着ける。今回はゲリラ豪雨などの際に、傘よりも「しっかりと雨を防げるレインウエア」に注目してみました。
レインウエアのタイプ別特徴
  • コートタイプ 家から駅まで歩くだけなど、短時間使用で運動量の少ない場面に向く
  • ポンチョタイプ 野外フェスやキャンプなどの持ち運びが必要な場面で重宝される
  • セパレートタイプ 登山やゴルフ、自転車など長時間動く際に向く
雨の浸入を防いで水蒸気を外に
  • アウトドアの世界では「雨に濡れる → 体温低下 → 命の危険に直面」は常識
    ⇒ レインウエアは最も重要な装備

  • そのため、アウトドア用レインウエアには、「防水性」「透湿性」を備えた「透湿防水素材」が使われている


  • 防水性
    生地の中に水を浸入させない機能

  • 透湿性
    汗などの水蒸気を効率良く放出する機能

「体が温かく乾いている」状態
@防災科研 大型降雨実験施設
実際に雨の中でテスト
  • 簡易レインウエアとアウトドア用レインウエアで比較

  • 約5分(うち約3分は1時間あたり雨量300ミリ)

雨の中でも「体が温かく乾いている」状態は命を守ることにつながる。

「透湿防水素材」を使ったアウトドア用レインウエアは、台風や集中豪雨などの災害にも適した装備といえる。

プラス・アドバイス!
  • 明るい色を選ぶ
    暗い中での作業や移動を示すため捜索時に発見してもらいやすい

  • なるべく軽量・コンパクトなものを
    緊急時に備えバッグなどに入れて携帯

  • 普段から利用するため
    いつも使っていて楽しくなる一着を選ぶ


過去の記事