すぐ出来る!“やって楽しい”防災の知恵

2019年9月26日 [ 監修:アベナオミ ]
“ゆるっと防災アイデア”
~部屋を片付けよう~

「断捨離も立派な防災です」

片付け・整理・対策をしないと…

家具などモノが動いたり落下するなどして危険。東京消防庁の調査によると、本棚や食器棚など重量のある家具の転倒が多く確認され、特にテレビの転倒・落下・移動が多発しています。

転倒・落下・移動した家具類


東京消防庁「家具類の転倒・落下に係るアンケート調査結果について」より

戸建住宅等における負傷要因割合


東京消防庁「2016 年熊本地震に伴う 室内被害の実態調査結果」より
片付けるときのポイント!
  • 落ちてきてけがをする恐れがあるので高いところにはモノを置かない

  • 軽いモノは上に、本やお水など重たいモノは下に置くようにする
    重心が低くなるので家具が転倒しにくくなります

片付けをしておくと…
  • 大きな揺れがきても部屋が散らかりにくく、避難しやすい

  • どこに何があるのか把握がしやすくなるため、防災用品がどこにあるかすぐにわかる

さらに!!!
  • 台風などにより家が浸水したとき、使い物にならなくなり捨てざるを得なくなるものも、意外にたくさんあります。思い立ったら、断捨離を。

プラス・アドバイス!
  • 空いたスペースには防災用品を置きましょう

  • ストラップ式器具や滑り止めシールなどを、家電や収納箱に貼って固定することで、動いたり中身が落ちることを避けるようにしましょう!


過去の記事