すぐ出来る!“やって楽しい”防災の知恵

2019年7月16日 [ 監修:アベナオミ ]
“ゆるっと防災アイデア”
~スマホは情報のライフライン~

スマホを使って
正確な情報をつかむ

情報収集での重要性!

スマホの重要性は東日本大震災当時よりも上がっています。
災害発生時に命を守るのは正確な情報です。安否確認や連絡手段、避難所への道順…被災生活でも多くの情報が必要になります。
防災無線や行政の広報車では、全ての家庭に情報が行き渡ることは難しいでしょう。



「熊本地震におけるICT利活用状況に関する調査」(総務省)
(http://www.soumu.go.jp/main_content/000478777.pdf)を加工して作成

総務省の調査によると、熊本地震では通話やメール、SNSを利用した情報収集手段が多く利用されていることがわかります。

安否確認に有効なSNS!

SNSとはインターネット上で人と人とのつながりや交流ができる会員制サービスのことです。

― 主なSNS ―
LINE

家族や友人の安否確認に最適
複数人で同時にメッセージを送受信できる
「グループトーク」を活用しよう

安否確認に役立つ
災害時限定の
「災害情報センター」を活用しよう

情報収集や拡散に向いている
「#(ハッシュタグ)」機能を使えば
より詳細な情報を発信・収集することが可能
デマに注意!

プラス・アドバイス!
  • 電話がつながらないときは通信各社が提供している「災害伝言サービス」を利用しよう!

    1. NTT提供 災害伝言ダイヤル(171)

    2. NTT、KDDI、SoftBankなどが提供
      災害用伝言板、災害用音声お届けサービス

  • スマホの充電器は常に持ち歩こう!
    充電器を持つことは災害時の安心にも

  • 長時間の停電時はバッテリー節電機能を利用しよう!

  • 就寝中は充電する習慣をつけよう!

  • 災害時に役に立つ防災アプリをダウンロードしておこう!

  • 自宅が被害を受けた際、直後の写真を撮影しておこう!
    地震保険の手続きで必要になります


過去の記事