防災・災害関連ニュース
新島など「噴火警戒レベル」導入へ

 青森県にある八甲田山と東京・伊豆諸島の新島と神津島の3つの活火山に「噴火警戒レベル」が導入されることになりました。

 噴火警戒レベルは、火山活動に応じて警戒が必要な範囲と住民や自治体などがとるべき防災対応とを5段階で示すものです。避難計画や道路の規制範囲などについて、それぞれの地元での協議がまとまったことから導入が決まったもので、今月30日から運用が始まります。

(7月10日10:47)

過去の記事