0分42秒

米議会が2兆ドルの経済対策を合意

 アメリカ・トランプ政権と議会上院の野党民主党指導部は、新型コロナウイルスによる経済悪化を回避するため、総額2兆ドル、日本円でおよそ220兆円の経済対策で合意しました。

 アメリカメディアは、新型コロナウイルスの感染拡大による景気の悪化を抑えるため、2兆ドル、日本円でおよそ220兆円規模の経済対策について、与野党幹部が25日未明、合意に達したと伝えました。ホワイトハウス高官が明らかにしたもので、大人1人あたり1200ドル、子ども1人あたり500ドルを支給するほか、5000億ドルの企業支援を盛り込むなどしていて、景気刺激が狙いです。

 経済対策をめぐっては、与野党の対立が続いていましたが、トランプ大統領が「協議が長引くほど経済の回復が難しくなる」として、24日中の合意を呼びかけていました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

3月30日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:3月31日 0時02分

ニュース番組ダイジェスト

3月30日(月)の国際ニュース

3月29日(日)の国際ニュース

3月28日(土)の国際ニュース

3月27日(金)の国際ニュース

3月26日(木)の国際ニュース

3月25日(水)の国際ニュース

3月24日(火)の国際ニュース

3月23日(月)の国際ニュース

過去のニュース