0分47秒

東京五輪延期に理解求める 日米首脳電話会談

 東京オリンピック・パラリンピックの延期が決まったことを受けて、安倍総理はトランプ大統領と電話会談を行い、延期について説明し、理解と支持を得ました。

 電話会談は午前10時からおよそ40分間行われ、安倍総理が1年程度の延期が決まった経緯などについてトランプ大統領に説明しました。

 「トランプ大統領からは延期は大変賢明で、すばらしい決定だと繰り返し述べつつ、総理の立場に支持が表明され」(菅義偉 官房長官)

 電話会談に同席した菅官房長官はこのように述べたほか、開催日の日程についてはIOCに最終的な決定権があるとしたうえで、関係者で検討していく考えを示しました。

 また、安倍総理はオーストラリアのモリソン首相とも電話会談を行うなど、今後、各国首脳に対して延期決定についての理解と協力を求める考えです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

3月31日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:3月31日 1時02分

ニュース番組ダイジェスト

3月31日(火)の政治ニュース

3月29日(日)の政治ニュース

3月28日(土)の政治ニュース

3月27日(金)の政治ニュース

3月26日(木)の政治ニュース

3月25日(水)の政治ニュース

3月24日(火)の政治ニュース

3月23日(月)の政治ニュース

過去のニュース