0分34秒

WHO「延期は日本政府とIOCが決める」

 WHO(世界保健機関)は、東京オリンピックの開催について「延期などの決定は日本政府やIOC(国際オリンピック委員会)が行うことだ」として、WHOは判断しないと強調しました。

 WHOのマイク・ライアン エグゼクティブディレクターは、23日の記者会見で東京オリンピックの開催について問われ、WHOとして危険性については助言するが、「延期などの決定は日本政府とIOCが行うことだ」と述べました。WHOとして判断は示さないことを強調したかたちです。そのうえで、「選手や観客にとって危険があるなら、日本政府とIOCは大会を開催しないと確信している」と述べました。

 東京オリンピックに関するWHOの判断をめぐっては、今月12日にIOCのバッハ会長がドイツの公共放送のインタビューで、WHOが開催の延期や中止を勧告した場合には従うことになると話していました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

3月31日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:3月31日 2時02分

ニュース番組ダイジェスト

3月31日(火)の国際ニュース

3月29日(日)の国際ニュース

3月28日(土)の国際ニュース

3月27日(金)の国際ニュース

3月26日(木)の国際ニュース

3月25日(水)の国際ニュース

3月24日(火)の国際ニュース

3月23日(月)の国際ニュース

過去のニュース