1分2秒

クルーズ船「ウエステルダム」の乗客下船、カンボジアの港

 日本などが入国を拒否したクルーズ船「ウエステルダム」は13日夜、カンボジアの港に着岸し、14日から、乗客らの下船が始まりました。

 「今、下船を許された最初の乗客がデッキから降りてきました」(記者)

 「74歳です。アメリカ(グアム)ですら、下船させてくれなかったのに。カンボジアはすばらしい。大感謝です」(アメリカ人の乗客)

 クルーズ船「ウエステルダム」は、1日に香港を出航して以降、日本やタイなどに入国を拒否されましたが、13日夜、カンボジアのシアヌークビル港に着岸。14日午前、まず乗客ら119人が下船しました。

 カンボジアの保健省はすべての乗客乗員に感染は確認されなかったとしていて、出迎えたフン・セン首相も「世界遺産の街・シエムレアプまで行きたい人には、チャーター便を出す」などと話し、乗客らの健康に問題がないことを強調しました。

 14日はあと2回、下船の機会が設けられ、一日であわせて414人が上陸する予定です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

2月19日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月19日 13時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月18日(火)の国際ニュース

2月17日(月)の国際ニュース

2月16日(日)の国際ニュース

2月15日(土)の国際ニュース

2月14日(金)の国際ニュース

2月12日(水)の国際ニュース

過去のニュース