1分16秒

「送料無料」を「送料込み」に修正、楽天社長「反省している」

 ネット通販サイト「楽天市場」で一定額以上の買い物で送料を無料にする方針について、楽天の三木谷社長は、「送料無料」という表現を「送料込み」に修正する考えを明らかにしました。

 「送料込みって言う方が正直だし、みんなに分かりやすいのではないかということで、このように名前を変更するようにさせていただいています」(楽天 三木谷浩史社長)

 楽天の三木谷社長は、ネット通販サイトの「楽天市場」で3980円以上の買い物で送料を無料にする方針について、これまで「送料無料」としていた表現を「送料込み」に修正する考えを明らかにしました。修正について三木谷社長は「送料無料の言葉が一人歩きしていて、反省している」と述べました。

 楽天市場の“送料無料化”をめぐっては、公正取引委員会が出店者側に送料を負担させるのは独占禁止法違反の疑いがあるとして、調査を行っています。

 これについて三木谷社長は、独占禁止法には違反しないとの認識を示した上で、送料込みの価格表示については、予定どおり3月18日から実施する考えを改めて示しました。一方で、退店する店舗に対しては、出店料の払い戻しなど経済的な補填も含めて検討し、2月中に出店者に案内を送るということです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

2月17日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月17日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月16日(日)の経済ニュース

2月15日(土)の経済ニュース

2月14日(金)の経済ニュース

2月13日(木)の経済ニュース

2月12日(水)の経済ニュース

2月11日(火)の経済ニュース

2月10日(月)の経済ニュース

過去のニュース