1分6秒

田代まさし被告初公判、検察 懲役3年6か月求刑

 覚醒剤を使用した罪などに問われている元タレントの田代まさし被告の初公判が、13日、仙台地方裁判所で開かれ、田代被告は起訴内容を認めました。検察側は「常習性が認められる」として、懲役3年6か月を求刑しました。

 覚せい剤取締法違反などの罪に問われているのは、元タレントの田代まさし被告(63)です。起訴状などによりますと、田代被告は去年11月、東京都内の自宅で覚醒剤を使用したなどとされています。

 仙台地裁で13日に開かれた初公判で、田代被告は、裁判官から起訴内容に間違いがないか問われると、「ありません」と起訴内容を認めました。

 その後、検察側に覚醒剤の入手方法を問われると、「金を稼ぐため、反社会勢力のイベントに参加し、その時にポケットに入れられた」「今回、押収された覚醒剤は別のイベントのトイレで拾った」などと答えました。検察側は「同種の前科があり依存性・常習性は顕著」として、懲役3年6か月を求刑しました。

 一方、弁護側は「真摯に反省していて、現在もリハビリ施設で回復プログラムを受けている」として、保護観察処分か執行猶予つきの判決を求めました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

2月17日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月17日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月17日(月)の社会ニュース

2月16日(日)の社会ニュース

2月15日(土)の社会ニュース

2月14日(金)の社会ニュース

2月13日(木)の社会ニュース

2月12日(水)の社会ニュース

2月11日(火)の社会ニュース

2月10日(月)の社会ニュース

過去のニュース