1分57秒

新たに44人の感染確認、80歳以上の高齢者ら下船へ

 新型コロナウイルスの集団感染が起きている大型クルーズ船で、新たに44人の感染が確認されました。また、厚生労働省は、高齢者などでウイルス検査が陰性の人について希望者を優先的に下船させると発表しました。

 正午から会見した加藤厚生労働大臣は、「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客・乗員221人を検査した結果、新たに44人に新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表しました。

 「今回新たに221人について検査をし、そのうち44人の方が陽性ということでありました。都合、713人の方に検査をして、218人の方が陽性であることが確認されたところです」(加藤勝信 厚労相)

 感染が確認された人は順次、医療機関に搬送されます。クルーズ船の中にいる713人の検査結果が出て、そのうち218人の感染が確認され、検査した人のおよそ30パーセントが新型コロナウイルスに感染していたことになります。

 また、これまで政府は、初めて船内で感染が確認された今月5日から2週間がたつ19日までは客室などで待機するよう求めてきましたが、方針を変更し、80歳以上で持病があるか、または窓が無かったり窓が開かない部屋にいる人は、検査で「陰性」が確認されれば、早ければ14日以降、船を下りることを認めることにしました。

 80歳以上でも健康だったり、部屋に窓がある場合は下船の対象外となります。船を下りた後ですが、政府の用意する宿泊施設で潜伏期間が終わるまで過ごしてもらうということです。

 さらに加藤大臣は、症状が無くても感染が明らかになった人についても、「強制入院」や「治療費の公費負担」などの対象とするため感染症法などの政令を改正し、14日にも施行する考えを示しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

2月17日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月17日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月17日(月)の社会ニュース

2月16日(日)の社会ニュース

2月15日(土)の社会ニュース

2月14日(金)の社会ニュース

2月13日(木)の社会ニュース

2月12日(水)の社会ニュース

2月11日(火)の社会ニュース

2月10日(月)の社会ニュース

過去のニュース