0分59秒

元プロ野球選手の男、執行猶予付き有罪判決 東京地裁

 元プロ野球選手で「東郷証券」の実質的経営者だった男が顧客の損失を補填した罪などに問われた裁判で、東京地裁は、男に執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

 「東郷証券」の元実質的経営者・林泰宏被告(58)は、FX取引で生じた顧客の損失を補填した金融商品取引法違反の罪と、商品先物取引会社「さくらインベスト」の法人税あわせて、およそ2億900万円を脱税した罪に問われています。これまでの裁判で、林被告は「間違いございません」と起訴内容を認めています。

 12日の判決で、東京地裁は「林被告の顧客への補填は組織的かつ、常習的な犯行だった。共犯者に顧客らの苦情を抑え込むよう指示するなど、いずれの犯行でも首謀者だ」として、林被告に懲役3年、執行猶予5年を言い渡しました。

 林被告は元プロ野球選手で、1980年にドラフト1位で巨人に入団していました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

2月17日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月17日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月17日(月)の社会ニュース

2月16日(日)の社会ニュース

2月15日(土)の社会ニュース

2月14日(金)の社会ニュース

2月13日(木)の社会ニュース

2月12日(水)の社会ニュース

2月11日(火)の社会ニュース

2月10日(月)の社会ニュース

過去のニュース