1分5秒

フィリピンでまた・・・、日本人特殊詐欺グループ摘発 8人拘束

 フィリピンで11日、特殊詐欺グループの拠点が摘発され、日本人の男8人が拘束されました。

 フィリピン当局は11日、首都マニラから100キロほど離れたラグナ州のリゾート地にある詐欺グループの拠点を摘発し、20代から30代の日本人の男8人を不法就労の疑いで拘束しました。

 拠点の室内からは、多数の電話機やパソコン、詐欺の手口が書かれたマニュアルなどが押収されていて、8人は日本の高齢者を狙ってうその電話をかけて現金を振り込ませる、いわゆる「かけ子」だったとみられています。

 「彼らが“オンラインビジネス”をやっているということしか知りません。朝9時ごろと深夜11時ごろに出入りしていました。全く外に出てこない日もあった」(拠点の近所の住人)

 このグループは、3年間で少なくとも数百万円をだまし取ったとみられていて、当局は8人の身柄を入国管理局の施設に移し、今後、組織の全容解明を進める方針です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

2月17日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月17日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月17日(月)の社会ニュース

2月16日(日)の社会ニュース

2月15日(土)の社会ニュース

2月14日(金)の社会ニュース

2月13日(木)の社会ニュース

2月12日(水)の社会ニュース

2月11日(火)の社会ニュース

2月10日(月)の社会ニュース

過去のニュース