気候非常事態宣言、国会決議へ

 気候変動の問題が世界で顕在化していることから、超党派の議員の呼びかけにより、今の国会で「気候非常事態宣言」が決議される見通しとなったことが、複数の関係者への取材で分かりました。

 「気候非常事態宣言」は、地球温暖化などの気候変動に危機感を示し、対策に取り組む決意を表明するもので、イギリスやフランスなどヨーロッパを中心に既に1000を超える国や自治体が表明しています。

 こうした中、日本としても気候変動に取り組む姿勢を示す必要があるとして、超党派の国会議員は来週、議員連盟を発足し、今の国会での「気候非常事態宣言」の決議に向け議論を始めることが複数の関係者への取材で分かりました。

 ただ、温暖化の原因として日本が世界から批判されている石炭火力の削減など、具体的な目標については決議に盛り込まれない見通しです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

2月17日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月17日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月17日(月)の政治ニュース

2月16日(日)の政治ニュース

2月15日(土)の政治ニュース

2月14日(金)の政治ニュース

2月13日(木)の政治ニュース

2月12日(水)の政治ニュース

2月11日(火)の政治ニュース

2月10日(月)の政治ニュース

過去のニュース