0分43秒

山梨キャンプ場殺人の確定死刑囚、拘置所で病死

 法務省は、山梨県のキャンプ場で男性2人を殺害するなどしたとして刑が確定した死刑囚が、東京拘置所で死亡したと発表しました。病死とみられます。

 死亡したのは阿佐吉広死刑囚(70)で、2000年に山梨県都留市のキャンプ場で従業員だった男性2人の首を絞めて殺害したほか、1997年にも1人を死亡させたとして死刑が確定し、東京拘置所に収容されていました。

 法務省によりますと、阿佐死刑囚は7年前から間質性肺炎を患っていて、11日午前7時すぎに容体が悪化し、医師の処置を受けましたが、死亡したということです。

 阿佐死刑囚は今月3日にも容体が悪化して外部の病院に入院するなど、治療を続けていたということです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

2月17日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月17日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月17日(月)の社会ニュース

2月16日(日)の社会ニュース

2月15日(土)の社会ニュース

2月14日(金)の社会ニュース

2月13日(木)の社会ニュース

2月12日(水)の社会ニュース

2月11日(火)の社会ニュース

2月10日(月)の社会ニュース

過去のニュース