0分47秒

クルーズ船 感染判明“7割”が日本人

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、10日、新たに新型コロナウイルスへの感染が判明した65人について、そのうちの43人が日本人であることが分かりました。

 厚労省によりますと、クルーズ船で新たに感染が判明した65人のうち、日本人が43人と7割近くを占め、それ以外は、アメリカが12人、オーストラリアが4人などとなっています。65人の医療機関への搬送は10日から続いていて、午後4時までに入院できたのは26人だということです。

 船内では、医師38人、看護師36人、薬剤師17人が診療などにあたっています。

 また、クルーズ船の乗客から申し出のあった医薬品の提供については、1850人分が11日午前までに配布を終えたということで、厚労省は11日朝から船内に専用ダイヤルを設置して医薬品の問い合わせに応じています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

2月17日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月17日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月17日(月)の社会ニュース

2月16日(日)の社会ニュース

2月15日(土)の社会ニュース

2月14日(金)の社会ニュース

2月13日(木)の社会ニュース

2月12日(水)の社会ニュース

2月11日(火)の社会ニュース

2月10日(月)の社会ニュース

過去のニュース