0分57秒

「さっぽろ雪まつり」きょう最終日、新型コロナの影響も・・・

 さっぽろ雪まつりは11日、最終日を迎えました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、会場では「例年より人出が少ない」という声が聞こえます。

 雪まつりの大通会場は、午前中から、大雪像の前で記念撮影をする観光客が訪れています。雪まつりの実行委員会は、今年の人出についてこれまで明らかにしていませんが、関係者は「例年に比べて会場は閑散としている」と話しています。

 「(人出は例年の)3分の1ぐらい。中国人が少ない」(飲食店の人)

 「(売り上げは)影響していて、全店舗例年より低いと聞いている」(飲食店の人)

 「お客さんは今年少ない。本当に少ない。人がスカスカという感じ」(市民雪像制作者)

 会場では「咳エチケット」のポスターが貼られるなど、新型肺炎の感染拡大への警戒が続いています。最終日のさっぽろ雪まつり、大通・すすきの会場は午後10時までライトアップされています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

2月17日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月17日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月17日(月)の社会ニュース

2月16日(日)の社会ニュース

2月15日(土)の社会ニュース

2月14日(金)の社会ニュース

2月13日(木)の社会ニュース

2月12日(水)の社会ニュース

2月11日(火)の社会ニュース

2月10日(月)の社会ニュース

過去のニュース