0分58秒

中国外務省、武漢で死亡の日本人「“新型”感染」

 中国政府は新型コロナウイルスに感染が確認された人の中に、外国人27人が含まれ、このうち日本人1人とアメリカ人1人が死亡した、と明らかにしました。

 中国外務省の耿爽報道官は10日、オンライン上の記者会見で、新型コロナウイルスに感染が確認された外国人27人のうち日本人男性1人とアメリカ人1人、あわせて2人が死亡したと発表しました。日本人の男性は8日、武漢で死亡したということで、「亡くなった方に哀悼の意を表したい」としています。「日本人の男性の死亡後に感染確認の検査を行ったか」という質問にはコメントしませんでした。

 日本の外務省は今月8日、武漢の病院から男性について、新型コロナウイルスの陽性の疑いが強いものの「確定的な判断をすることは困難」だとの連絡を受けた、としていました。このほかの外国人22人は隔離され治療を受けているほか、3人はすでに退院したということです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

2月17日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月17日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月16日(日)の国際ニュース

2月15日(土)の国際ニュース

2月14日(金)の国際ニュース

2月12日(水)の国際ニュース

2月11日(火)の国際ニュース

2月10日(月)の国際ニュース

過去のニュース