東京地検が秋元被告の保釈決定に準抗告

 IRをめぐる汚職事件で、保釈を認められた衆院議員の秋元司被告について、東京地検は10日午後、保釈の決定を不服として準抗告しました。

 衆院議員の秋元司被告(48)は、日本でIR参入を計画していた中国企業からあわせておよそ760万円の賄賂を受け取ったとして収賄の罪で起訴されていて、秋元被告の弁護人が今月3日、保釈を請求していました。

 東京地裁は10日午前、秋元被告の保釈を認める決定をしましたが、これに対して東京地検は、この保釈の決定を不服として準抗告しました。裁判所が再び秋元被告の保釈の可否について判断することになります。保釈保証金は3000万円です。

 関係者によりますと、秋元被告は保釈後、国会に出席する意向を示しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

2月17日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月17日 13時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月17日(月)の社会ニュース

2月16日(日)の社会ニュース

2月15日(土)の社会ニュース

2月14日(金)の社会ニュース

2月13日(木)の社会ニュース

2月12日(水)の社会ニュース

2月11日(火)の社会ニュース

2月10日(月)の社会ニュース

過去のニュース