0分48秒

出頭要請のロシア人が出国、ソフトバンク元社員情報漏えい

 ソフトバンクの元社員が在日ロシア通商代表部の代表代理に社内の機密情報を漏らしたとみられる事件で、代表代理が警視庁からの出頭要請を無視して10日午後、ロシアに向けて出国しました。

 この事件はソフトバンクの元社員、荒木豊容疑者(48)が去年2月、会社のサーバーから営業秘密などの機密情報を不正に引き出したとして逮捕されたもので、在日ロシア通商代表部のアントン・カリニン代表代理(50代)に情報を渡したことを認めているということです。

 カリニン代表代理はロシアの情報機関員で、警視庁から複数回にわたって出頭要請を受けていましたが、10日午後1時ごろ、要請を無視して成田空港からロシアに向けて出国しました。警視庁はカリニン代表代理について、荒木容疑者に機密情報を入手するよう唆したとして、不正競争防止法違反の疑いで書類送検する方針です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

2月17日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月17日 13時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月17日(月)の社会ニュース

2月16日(日)の社会ニュース

2月15日(土)の社会ニュース

2月14日(金)の社会ニュース

2月13日(木)の社会ニュース

2月12日(水)の社会ニュース

2月11日(火)の社会ニュース

2月10日(月)の社会ニュース

過去のニュース