1分26秒

新型肺炎、春節休業終了 企業活動は・・・

 新型コロナウイルスによる肺炎の死者数が900人を超え、感染拡大が続くなか、中国では10日、企業活動が再開されました。感染拡大防止との両立が課題となりそうです。北京からの報告です。

 わたしが今いるのは、ホテルやショッピングセンター、そしてオフィスなどが集中している場所です。普段ですと、こちらの交差点、多くの人や車が行き交っていますが、いまだ出勤する人が限定的なためか、人気が少ない印象を受けます。

 中国の国家衛生当局によりますと、9日に新たに97人の死亡が確認され、中国本土での死者の数があわせて908人となりました。感染が確認された人の数はおよそ3000人増え、4万人を超えています。

 こうしたなか、北京市や上海市などでは新型肺炎の影響で延長された春節の連休や在宅勤務の期間を経て、10日から企業の活動が再開されます。

 「今週は会社に出勤しますが、全員ではなく、北京にいる人のみが出社します」(市民)

 「(心配は)あります。私の会社の人は、ほとんど来ないみたいです」(市民)

 公共の交通機関や企業のオフィスなどでの人の集中による感染拡大への懸念が依然として高いものの、一方で経済への悪影響は最小限にとどめておかなければならないという実情もあり、これをどう両立するのか、中国政府にとっては難しい状況が続きそうです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

2月17日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月17日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月16日(日)の国際ニュース

2月15日(土)の国際ニュース

2月14日(金)の国際ニュース

2月12日(水)の国際ニュース

2月11日(火)の国際ニュース

2月10日(月)の国際ニュース

過去のニュース