英語民間試験延期受け、検討会議初会合

 大学入学共通テストへの英語の民間試験の導入が延期された問題などを受けて、大学入試のあり方に関する検討会議の初会合が行われ、「延期になった経緯を検証したうえで議論すべき」などといった意見が上がりました。

 来年度から始まる大学入学共通テストでは、英語の民間試験や国語や数学の記述式問題が導入される予定でしたが、見送られました。一連の問題を受けて、15日、大学入試について話し合う検討会議の初会合が開かれ、萩生田光一文科大臣は「これ以上、後退するわけにはいかない。文科省側も思いはあると思うが、すべてオープンにしてほしい」などと述べました。

 また、参加した委員からは「これまでの経緯を検証すべき」「現場の声や入試の専門家の声も入れたうえで議論すべき」などといった意見が上がりました。検討会議は年末までに結論を出す方針です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

1月21日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:1月22日 0時02分

ニュース番組ダイジェスト

1月21日(火)の社会ニュース

1月20日(月)の社会ニュース

1月19日(日)の社会ニュース

1月18日(土)の社会ニュース

1月17日(金)の社会ニュース

1月16日(木)の社会ニュース

1月15日(水)の社会ニュース

1月14日(火)の社会ニュース

過去のニュース