0分49秒

イラン大統領、訪日に向け調整

 安倍総理とイランのロウハニ大統領が中東情勢の緊張緩和に向け、年内にも日本で首脳会談を行う方向で調整していることがわかりました。

 安倍総理は3日、イランのアラグチ外務次官と総理官邸で面会しました。政府関係者によりますと、この際、イラン側からロウハニ大統領の訪日の意向が伝えられ、日本政府も訪日に向け調整に乗り出したことがわかりました。

 早ければ年内にも実現する可能性もあり、その場合、19年ぶりのイラン大統領の来日となります。核合意をめぐるアメリカとイランの対立などで緊張が高まる中、ロウハニ大統領の訪日は緊張緩和の糸口を探る狙いもあるとみられます。

 安倍総理は今年6月、イランを訪問し、ロウハニ大統領らと会談した際、イランとアメリカとの橋渡し役を担う意向を伝えていました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

12月7日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月07日 12時02分

ニュース番組ダイジェスト

12月7日(土)の政治ニュース

12月6日(金)の政治ニュース

12月5日(木)の政治ニュース

12月4日(水)の政治ニュース

12月3日(火)の政治ニュース

12月2日(月)の政治ニュース

12月1日(日)の政治ニュース

過去のニュース