0分49秒

菅官房長官、鹿児島・馬毛島 160億円で買収合意と発表

 アメリカ軍の空母艦載機による離着陸訓練の移転候補地になっている鹿児島県の馬毛島について、菅官房長官は、およそ160億円で買収することで地権者と合意したことを明らかにしました。

 「11月29日に一定の合意に達し、売買額は約160億円と報告を受けている」(菅義偉官房長官)

 菅官房長官はこのように述べ、防衛省が行ってきた馬毛島の地権者との売買交渉が合意に至ったことを明らかにしました。ただ、合意内容の詳細については、「今後の土地の取得に関わるため現時点では差し控える」としています。

 そのうえで、菅長官は、「空母艦載機の着陸訓練と施設の確保は安全保障上の重要な課題だ」と指摘。「早期に恒久的施設を整備できるよう引き続き取り組む」と述べました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

12月7日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月07日 11時02分

ニュース番組ダイジェスト

12月7日(土)の政治ニュース

12月6日(金)の政治ニュース

12月5日(木)の政治ニュース

12月4日(水)の政治ニュース

12月3日(火)の政治ニュース

12月2日(月)の政治ニュース

12月1日(日)の政治ニュース

過去のニュース