1分0秒

同級生要求で小5児童が20万円渡す、名古屋市教委はいじめ認定

 名古屋市の小学校に通う5年生の男子児童が複数の同級生から現金を要求され、総額20万円を手渡していたことがわかりました。市の教育委員会は調査の結果、「いじめ」と認定したということです。

 いじめを受けたのは、名古屋の市立小学校に通う5年生の男子児童です。複数の関係者によりますと、男子児童は今年8月、同級生数人から「金を持って来ないと“のけ者”にする」などと言われ、自宅にあった母親の500円玉貯金箱から現金を持ち出し、3000円を手渡しました。その後、金銭の要求はおよそ1か月間、毎日のように続き、手渡した総額は20万円にのぼったということです。

 現金を受け取った同級生らは、ゲームセンターで使ったほか、児童にスマートフォンのゲームなどに使えるプリペイドカードを買わせたこともあったということです。

 今年10月、事態を把握した学校は「深刻ないじめの可能性がある」として、市の教育委員会に申告。教育委員会は調査の結果、「いじめ」と認定しました。

 被害児童の父親はJNNの取材に対し、「気付くのが遅ければ、息子は死んでいたかもしれない。加害児童には心から反省してほしい。学校には、息子をしっかり見ていてほしい」とコメントしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

12月7日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月07日 11時02分

ニュース番組ダイジェスト

12月7日(土)の社会ニュース

12月6日(金)の社会ニュース

12月5日(木)の社会ニュース

12月4日(水)の社会ニュース

12月3日(火)の社会ニュース

12月2日(月)の社会ニュース

12月1日(日)の社会ニュース

11月30日(土)の社会ニュース

過去のニュース