1分40秒

桜を見る会、首相の説明 焦点に

 国会では午後、「桜を見る会」をめぐり、野党側が安倍総理に対し、“総理枠”を用いてマルチ商法で破綻したジャパンライフ元会長らを招待したのではなどと追及します。国会記者会館からの報告です。

 野党の追及チームは1日から2日にかけ、安倍総理の地元・山口県下関市に入り、関係者から聞き取りを行いました。

 「やはり我々が直接、生の声を聞いた。これを最後の臨時国会、国会の質問等でしっかりと生かしていくと。そういう、意義ある視察でした」(立憲民主党 黒岩宇洋国対委員長代理)

 「税金によって後援会活動をやっていたことが、本当にこの2日間の調査によってもはっきりしてきた」(共産党 宮本徹衆院議員)

 野党議員らは、「桜を見る会」と「前夜祭」に参加した人たちや、ツアーを手配した旅行代理店に対して聞き取りを行い、どのようなプロセスで招待者が選ばれたのかなどについて調査しました。

 野党側は午後、参議院本会議で安倍総理に対し、招待者の選定にどのように関わったのか改めて追及する方針です。特に、マルチ商法で経営破綻したジャパンライフ元会長が“総理枠”で招待されたのではないか、また、破棄されたとする招待者名簿の電子データは復元できるのではないかなどについて、厳しく追及することにしています。

 しかし、安倍総理がどこまで野党側の追及に答えるか不透明なほか、与党側も“総理は十分に説明を果たしている”として、野党が求める予算委員会の開催に応じない姿勢を示しています。

 政府・与党は臨時国会を延長せず、今月9日に閉会する方針ですが、野党側の追及はさらに攻勢を強める見通しです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

12月7日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月07日 11時02分

ニュース番組ダイジェスト

12月7日(土)の政治ニュース

12月6日(金)の政治ニュース

12月5日(木)の政治ニュース

12月4日(水)の政治ニュース

12月3日(火)の政治ニュース

12月2日(月)の政治ニュース

12月1日(日)の政治ニュース

過去のニュース