0分50秒

福島第一原発 2号機から燃料デブリ取り出しへ

 政府と東京電力は福島第一原発の廃炉に向けた工程表を見直し、2021年から「2号機」で燃料デブリを取り出すと発表しました。

 福島第一原発の1号機から3号機には、メルトダウンによって溶け落ちた核燃料=デブリが大量に溜まっていて、放射線量も極めて高いことから廃炉への最大の課題となっています。

 こうしたなか、政府と東京電力は福島第一原発の廃炉に向けた工程表を2年ぶりに改訂し、比較的作業がしやすいとされる「2号機」で、2021年から燃料デブリを取り出すと発表しました。詳細な取り出し方は決まっていませんが、30年から40年で廃炉にするという計画は維持しています。

 また、増え続ける汚染水について、保管するタンクが2022年の夏ごろには満杯となる見通しですが、その対応についても具体的な言及はありません。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

12月7日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月07日 11時02分

ニュース番組ダイジェスト

12月7日(土)の経済ニュース

12月5日(木)の経済ニュース

12月4日(水)の経済ニュース

12月3日(火)の経済ニュース

12月2日(月)の経済ニュース

過去のニュース