1分18秒

香港警察、2日連続でデモ隊に催涙弾

 区議会選挙前から抗議活動が沈静化していた香港で1日、大規模なデモが行われました。警察は2日連続で催涙弾を発射し、再び緊張が高まっています。

 香港の九龍地区で1日午後、大規模なデモ行進が行われ、主催者の発表によりますと38万人以上が参加しました。

 一部の参加者がレンガや発煙弾を投げたのに対し、警察は先月30日に続き2日連続で催涙弾を発射。その後もデモ隊の一部が障害物を置くなどして道路を占拠し、警察が強制排除しました。

 香港では先月24日の区議会選挙のため過激な抗議活動が控えられていましたが、警察とデモ隊の間で再び緊張が高まっています。

 一方、中国広東省・珠海の警察は先月30日夜、中国版ツイッター「ウェイボ」で香港やマカオに繋がる橋がある人工島でテロ対策の訓練を行ったとする映像を公開しました。訓練は1000人以上の警察官と80台以上の警察車両が参加して、先月29日に行われたということです。

 訓練映像を公開することで抗議活動が続く香港へのけん制と、今月、中国返還20年を迎えるマカオでの取り締まりを強める姿勢を示したものとみられます。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

12月7日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月07日 11時02分

ニュース番組ダイジェスト

12月7日(土)の国際ニュース

12月6日(金)の国際ニュース

12月5日(木)の国際ニュース

12月4日(水)の国際ニュース

12月3日(火)の国際ニュース

12月2日(月)の国際ニュース

12月1日(日)の国際ニュース

11月30日(土)の国際ニュース

過去のニュース