0分50秒

「木枯らし1号」東京では2年連続で吹かず

 通常、季節が秋から冬に変わる時期に吹く「木枯らし1号」が、東京地方では、去年に続き2年連続で吹かないまま、冬を迎えました。

 木枯らし1号は、季節が秋から冬に変わる時期に初めて吹く北寄りの強い風のことで、近畿地方では、11月4日に「木枯らし1号が吹いた」と大阪管区気象台が発表しました。

 ところが東京地方では、「10月半ばから11月末にかけて」が木枯らし1号の対象期間となっていますが、気象庁が定めた「最大風速8メートル以上の北寄りの強い風」が観測されず、気象庁によりますと、11月最後の日の30日も東京地方で強い風は吹かず、木枯らし1号の基準に達しませんでした。

 東京では去年、39年ぶりに木枯らし1号が吹きませんでしたが、2年連続で木枯らし1号が吹かないのは初めてのことです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

12月7日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月07日 11時02分

ニュース番組ダイジェスト

12月7日(土)の社会ニュース

12月6日(金)の社会ニュース

12月5日(木)の社会ニュース

12月4日(水)の社会ニュース

12月3日(火)の社会ニュース

12月2日(月)の社会ニュース

12月1日(日)の社会ニュース

11月30日(土)の社会ニュース

過去のニュース