0分44秒

暗号資産に関する情報 北に提供か、米国人男を逮捕

 アメリカのニューヨーク連邦地検は11月29日、制裁回避につながる暗号資産などに関する情報を北朝鮮に提供した疑いで、アメリカ人の男を逮捕したと明らかにしました。

 ニューヨーク連邦地検によりますと、男はシンガポールに住むアメリカ人のバージル・グリフィス容疑者(36)で、11月28日、ロサンゼルスの国際空港で逮捕されました。

 グリフィス容疑者は今年4月ごろ、渡航許可を得ずに北朝鮮の平壌(ピョンヤン)を訪問し、暗号資産に関する会議に出席。暗号資産に必要なブロックチェーンなどの技術に関し説明したほか、マネーロンダリングや制裁逃れにこうした技術を使う方法を議論したということです。

 連邦地検は、グリフィス容疑者が「制裁逃れに利用されることを認識しつつも情報を提供し、北朝鮮に圧力をかけるための制裁を危険にさらした」としています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

12月7日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月07日 12時02分

ニュース番組ダイジェスト

12月7日(土)の国際ニュース

12月6日(金)の国際ニュース

12月5日(木)の国際ニュース

12月4日(水)の国際ニュース

12月3日(火)の国際ニュース

12月2日(月)の国際ニュース

12月1日(日)の国際ニュース

11月30日(土)の国際ニュース

過去のニュース