0分44秒

東京・東久留米の強盗殺人、刺し傷は心臓まで

 東京・東久留米市の住宅で、30か所以上を刺された55歳の男性の遺体が見つかった強盗殺人事件で、致命傷となった刺し傷は心臓まで達していたことが新たに分かりました。

 この事件は8日、東久留米市の住宅2階のベッドで会社員の二岡一浩さん(55)が胸や首を30か所以上刺されて死亡しているのが見つかったものです。

 同居する女性(50代)とその娘(20代)は海外旅行中で、警視庁は、二岡さんが女性と最後に連絡を取った8日の午前0時ごろから夜明けまでの間に殺害されたとみています。

 その後の捜査関係者への取材で、司法解剖の結果、死因は失血死と判明し、致命傷となった刺し傷は心臓まで達していたことが新たに分かりました。二岡さんの血痕はベッドの上の天井にも付着していて、警視庁は、何者かが大型の刃物を使い、強い殺意で襲ったとみて調べています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 7時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の社会ニュース

11月13日(水)の社会ニュース

11月12日(火)の社会ニュース

11月11日(月)の社会ニュース

11月10日(日)の社会ニュース

11月9日(土)の社会ニュース

11月8日(金)の社会ニュース

11月7日(木)の社会ニュース

過去のニュース