0分54秒

組織ぐるみで試験問題を盗撮か、学習塾経営者を逮捕

 眼鏡型のカメラを使い、留学希望の外国人を対象とした試験問題を組織ぐるみで盗撮していたとみられる学習塾の経営者が、警視庁に逮捕されました。

 偽計業務妨害の疑いで逮捕されたのは、中国籍で東京・新宿区にある外国人向け学習塾「毎刻教育」経営・丁斌容疑者(36)です。丁容疑者は今年6月、都内の大学で留学希望の外国人を対象にした「日本留学試験」の問題を眼鏡型カメラを使って盗撮するなどして試験を妨害した疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、これまでに塾の社員ら4人が逮捕されていて、過去問題集を作成するために塾ぐるみで試験を盗撮したとみられています。

 取り調べに対し、丁容疑者は容疑を認め、「試験の傾向と対策を作り、塾の評判を得るためにやった」「塾生を確保し、経営を安定させたかった」と供述しているということです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 7時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の社会ニュース

11月13日(水)の社会ニュース

11月12日(火)の社会ニュース

11月11日(月)の社会ニュース

11月10日(日)の社会ニュース

11月9日(土)の社会ニュース

11月8日(金)の社会ニュース

11月7日(木)の社会ニュース

過去のニュース