0分43秒

景気動向指数、2か月ぶりにプラス

 景気の現状を示す9月の「景気動向指数」は、消費税の増税を前にした駆け込み需要などの影響で2か月ぶりに上昇しました。

 内閣府が発表した9月の景気動向指数は、景気の現状を示す一致指数が101.0と前の月から2ポイント上昇し、2か月ぶりにプラスとなりました。

 消費税の増税前の駆け込み需要により小売業や卸売業の販売額が大きく伸びたことなどが要因で、小売業では自動車や生活家電などの販売が好調に推移しました。ただ、基調判断について「『下げ止まり』の基準には満たない」として、「悪化」に据え置いています。

 また、景気の先行きを示す「先行指数」も2か月ぶりに上昇しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 7時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の経済ニュース

11月12日(火)の経済ニュース

11月11日(月)の経済ニュース

11月8日(金)の経済ニュース

11月7日(木)の経済ニュース

過去のニュース