0分55秒

下村元文科相、“業者と蜜月”報道を否定

 大学入試への英語の民間試験の導入をめぐり、自民党の下村元文部科学大臣は、一部週刊誌で事業者と「蜜月関係にある」と報じられたことについて、「便宜を図ることは100%ありえない話だ」と否定しました。

 延期となった大学入試への英語の民間試験の導入をめぐり、7日発売の週刊誌が下村氏と試験業者との間に「蜜月関係がある」などと報じました。これについて下村氏は7日夜、記者団に対し、次のように報道を否定しました。

 「蜜月の理由として7年か8年前にね、私のセミナーに(業者関係者が)1人か2人、参加したということだけど、そんなことで何か便宜を図るということは100%ありえない話。非常に迷惑な話です」(自民党 下村博文 元文科相)

 また、下村氏は民間試験の活用を決めた時の文科大臣は自分自身だとしつつも、具体的な導入の議論はその後に始まったと説明しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 3時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の政治ニュース

11月12日(火)の政治ニュース

11月11日(月)の政治ニュース

11月9日(土)の政治ニュース

11月8日(金)の政治ニュース

11月7日(木)の政治ニュース

過去のニュース