1分0秒

三越伊勢丹HD、増税前駆け込み需要で営業利益28%増

 百貨店最大手の三越伊勢丹ホールディングスは、今年4月から9月の連結決算で、増税前の駆け込み需要が大きかったことなどから営業利益が3割近く増加したと発表しました。

 三越伊勢丹ホールディングスが発表した今年4月から9月の営業利益は138億円と、前の年の同じ時期と比べて28.3%増加しました。消費税引き上げによる駆け込み需要で、宝飾品や腕時計などの高額品の販売が大きく伸びて、9月だけで売り上げが前年より120億円増えたことが大きかったとしています。一方で・・・

 「駆け込みが多かった分、反動も少し多いのかなと」(三越伊勢丹ホールディングス 杉江俊彦社長CEO)

 10月の売り上げは2割近く減少するなど、増税による反動減が今後も見込まれることや台風19号で主要店舗が一時閉店した影響などから、通期の営業利益の予想は2.6%プラスの300億円に据え置きました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 2時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の経済ニュース

11月12日(火)の経済ニュース

11月11日(月)の経済ニュース

11月8日(金)の経済ニュース

11月7日(木)の経済ニュース

過去のニュース