0分47秒

全日空 男性機長からアルコール検出、乗務交代4便に遅れ

 全日空のパイロットからアルコールが検出されました。

 7日午前7時ごろ、福岡空港で羽田行きの便に乗務予定だった全日空の男性機長(40代)から乗務前の検査でアルコールが検出されました。乗務を交代した影響でこの便を含め、あわせて4便に最大で70分あまりの遅れが出ました。

 男性機長は滞在先の福岡市内の飲食店で、前日の午後10時ごろまで瓶ビール4本を飲んだということです。全日空の社内ルールでは、滞在先での飲酒可能な時間を乗務開始の24時間前までとしているため、機長はルール違反となるということで、全日空は「社内規定に則り、速やかに厳正に対処していく」としています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 8時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の社会ニュース

11月13日(水)の社会ニュース

11月12日(火)の社会ニュース

11月11日(月)の社会ニュース

11月10日(日)の社会ニュース

11月9日(土)の社会ニュース

11月8日(金)の社会ニュース

11月7日(木)の社会ニュース

過去のニュース