1分40秒

首里城正殿の“延長コード”30以上の細切れ・・・溶けた痕

 沖縄県の首里城で起きた火災から7日で1週間です。火元とみられる正殿の分電盤に接続されていた延長コードが切れ切れになった状態で見つかりました。

 先月31日に発生した首里城の火災は、正殿の北東側が火元とみられていて、これまでの実況見分では、焦げた分電盤が見つかっていました。

 消防は7日、その分電盤に接続されていた延長コードが、30以上の細切れになった状態で見つかり、その周りに溶けた痕があることを明らかにしました。延長コードは分電盤から電源を取り、正殿1階北東の出口付近に設置されたLED照明へとつながっていたもので、常時、電気が流れていたということです。また、分電盤に電気を供給する引き込み線にも同様の溶けた痕が見つかっています。

 「(通電している線の周辺に)火源になるものが置かれた証言はない。(調べを)進めている過程で、溶融痕が出ているので、非常に有力なものと考えている」(消防担当者)

 消防は、延長コードと引き込み線のいずれかが出火原因となった可能性が高いとみて、溶けた痕を詳しく鑑定するなど、慎重に調べを進めています。

 一方、7日会見した沖縄県の玉城知事は、今後、首里城の再建に向けて知事直轄の組織を設置し、再建までのロードマップの策定などを進めると発表しました。あわせて、今回の火災の検証・分析や施設管理の在り方などを点検するワーキンググループも設置する方針で、国と協力して首里城の一刻も早い復旧・復興に取り組みたいとしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 7時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の社会ニュース

11月13日(水)の社会ニュース

11月12日(火)の社会ニュース

11月11日(月)の社会ニュース

11月10日(日)の社会ニュース

11月9日(土)の社会ニュース

11月8日(金)の社会ニュース

11月7日(木)の社会ニュース

過去のニュース